小さいもの・細いもの・狭いところは苦手です

狭いパイプ内面を電解研磨可能か?

可能な場合が多いのでお問い合わせ下さい。
浸漬による成り行きの電解研磨ではパイプ内面は電流が流れません。電流を流すためにはマイナス電極を挿入する必要がありますが、もし電極と品物が接触するとショートして品物が損傷してしまいます。通常、狭いとショートの可能性は非常に高く、出来ないと断られることが多いです。

細かい物を電解研磨できるか?

電解研磨は小さいものが苦手です。箸で考えてみてください。箸では小さいものは掴みにくいですよね。それと同じで、電解研磨するときにはプラスの電極棒のようなもので、品物を掴んで電解研摩しますので、小さいほど難しくなります。

電解研磨処理前

電解研磨処理後

電解研磨で上記程度の大きさの品物は処理可能ですが、精密部品などの更に細かい品物の場合は化学研磨が最適です。

中野科学の「化学研磨」は厚みの変化量を目標値の±0.003mmでコントロール可能です。

>>化学研磨処理について