電解研磨は何が目的?

仕上げ研磨の前工程で利用

仕上げ研磨の前に電解すると研磨しやすくなるとともに、電解研磨しない場合より綺麗に仕上がるということで利用されています。

詳しくはこちら

見た目をきれいにして商品価値をあげたい

電解研磨することで表面の汚れを取り除き、きれいにします。見た目の汚れだけではなく、目に見えない通常の洗浄では落せないような汚れも落としてクリーンな表面にします。汚れを付きにくくし、...

詳しくはこちら

目に見えない微細な汚れを除去

電解研磨することで表面の汚れは取り除かれます。見た目の汚れだけではなく、目に見えない微細な汚れ、通常の洗浄では落せないような汚れも融解作用によって完全に取り除かれクリーンな表面にな...

詳しくはこちら

物理的研磨しにくい場所を研磨する

電解研磨では、一般的に物理研磨しにくい部分でも研磨することが可能です。 ■ハウジング内面(角部) 狭い隙間内のため、物理研磨が難しい。 ■油こし ...

詳しくはこちら

溶接焼けを取りたい

浸漬による電解では必ずしも落せるとは限りませんので、通常酸洗を併用して焼けを落します。溶接すると黒く炭化したようになることがありますが、これは、電解研磨のみならず酸洗でも落すことは...

詳しくはこちら

バリを取りたい

小さなバリであれば電解研磨で滑らかにすることが可能です。   ただし、比較的大きなばりの場合、長時間の通電を必要とします。 過電解による障害の問題とコストの問...

詳しくはこちら

光沢を出したい

電解研磨では、全ての表面仕上げに対して光沢を出せるわけではありません。 ステンレス表面仕上げ(オーステナイト系) 電解研磨では、すべての表面仕上げに対して光沢を出せるわけではあ...

詳しくはこちら

より強い耐食性をつけたい

錆の発生したステンレス製品 ステンレスは素材の状態でも錆びにくい性質を持っていますが、電解研磨することで表面を清浄にし、クロムが凝縮される形で酸化皮膜を再生してゆきますので(不動...

詳しくはこちら

鏡面にしたい

鏡面化はバフ研磨と電解研磨を併用して行う場合が多いです。 厳密に言えば、浸漬による電解研磨だけで鏡面にする事はできません。 鏡面仕上げという時、バフ研磨を前処理として行うこ...

詳しくはこちら