業務内容

電解研磨処理

電解研磨処理ステンレス製品を中心とした電解研磨を目的に応じて行います。耐食性を高めたり、表面をキレイにするために行います。長年の経験に基き、電解研磨の問題点やどんなことまで出来るのかを紹介しています。

【主な用途】
ステンレスの耐食性アップ(錆びにくくする)、表面の光沢を出すなど

電解研磨(EP)処理の詳細

超鏡面加工「電解複合研磨処理」

超鏡面加工「電解複合研磨処理」電解研磨による電気化学的な研磨と研磨材による物理的な研磨を複合して同時に行うことによりナノレベルの超平滑面を得る研磨方法です。

【主な用途】
ステンレス・チタン・アルミ等の耐食性アップ、表面の光沢を出し、ミラー仕上げにするなど

超鏡面加工「電解複合研磨処理」の詳細

酸化発色処理「サステインカラー」

酸化発色処理ステンレス表面の酸化皮膜の厚さを変化させると、光の干渉現象により、ブラック・ブルー・パープル・グリーンなどの干渉色が見られ、この技術によって他では得られない色彩の面白さが生まれます。また、何の着色成分も含まれていない為リサイクルにも適した環境に配慮した技術でもあります。

【主な用途】
ステンレスのカラー化など

酸化発色「サステインカラー」の詳細

染色処理「サスメイトカラー」

酸化発色処理ステンレスの質感を活かしたままカラー化することが可能となりました。塗装では金属光沢が失われ、金属がどうか分かりにくくなってしまいます。このサスメイトカラーでは金属光沢があり、さらに好みの色が付けられます。表面はクリアー仕上げで3Hの硬度があり、指紋や汚れも付きにくくなっています。

【主な用途】
ステンレスのカラー化など

染色処理「サスメイトカラー」の詳細

酸洗い処理

酸洗い処理ステンレス製品を中心とした酸洗いを目的に応じて処理を行います。溶接の焼け取り等に最適です。

【主な用途】
ステンレス製品の溶接部分の焼け取り、シミの除去など

酸洗い処理の詳細

不動態化処理

不働態化処理ステンレス製品の耐食性アップを目的とした不動態化処理なら中野科学にお任せください。 中野科学では長い間、様々な製品を処理して得られた経験・知識を基にその製品にふさわしい表面処理を提案します。

【主な用途】
ステンレス製品の耐食性アップなど 

不動態化処理の詳細

マグネシウム合金の陽極酸化処理

マグネシウム合金の陽極酸化処理現在マグネシウム合金は、その軽さから実用化が進んでおります。しかし、その反面で「腐食しやすい」といった欠点も持っており、その対策が課題でした。しかしマグネシウムに陽極酸化処理を施すことにより、かなりの耐食性向上が期待できます。

【主な用途】
マグネシウム合金の耐食性向上・カラー化など

マグネシウム合金の陽極酸化処理の詳細

アルミニウムの電解研磨

アルミニウムの電解研磨アルミニウム電解研磨を目的に応じて行います。光沢度を高めたり、高い反射率を得るために行います。

【主な用途】
アルミニウムの光沢度向上・反射率向上・異物のないクリーンな表面物性など

アルミニウムの電解研磨処理の詳細

チタン(Ti)の鏡面加工

チタンの電解研磨を目的に応じて行います。鏡面化、高い反射率を得るために行います。

【主な用途】
チタンの鏡面化など

チタン(Ti)の鏡面加工処理の詳細

チタンの酸洗い

チタンの酸洗いチタン表面の汚れを落とし、金属表面を滑らかにします。

【主な用途】
チタン合金の表面の汚れ落とし等など

チタンの酸洗い処理の詳細

チタンの陽極酸化処理

チタンの陽極酸化処理チタンの優れた特性を生かしたままカラーリングをしたいというご要望にお応えしてチタンのカラーリングを陽極酸化法にて実施しております。

【主な用途】
チタンのカラー化でデザイン性や視認性向上など

チタンの陽極酸化処理の詳細

生産設備部品・冶工具の再生洗浄

生産設備部品・冶工具の再生洗浄使用や経年劣化で汚れやサビが発生したステンレス・チタン部品・治工具を再生します。

【主な用途】
設備部品・治工具の交換コストを大幅削減など

生産設備部品・冶工具の再生洗浄の詳細

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena